概要

一定のプログラムに従って、試料を連続的に加熱または冷却しながら、試料に生じる変化を測定することで材料の温度に対する物性評価ができます。
DSC では融解、ガラス転移、結晶化といった転移をはじめ、反応や熱履歴の検討、比熱容量の測定が可能で、 TG では昇華、蒸発、熱分解、脱水等、重量変化のみられる現象が対象となります。

型  番
D-DSC8230/TG8120IRH
メーカー
リガク
スペック
測定温度範囲 TG:室温~1500℃,DSC:室温~725℃

使用例

                       
  •                    

文献

  • チタネート系カップリング剤による無機充てん剤の表面改質に関する研究Ⅱ土屋 栄吾・岩月 誠
  • 日本粘土学会参考試料の分析・評価