概要

MS(質量分析計)を検出器としたガスクロマトグラフ装置です。複数の成分を含む試料は、まずガスクロマトグラフで単一成分に分離され、次に質量分析計で個々の成分のMSスペクトルとその強度を測定することで成分の定性と定量を行います。

型  番
GCMS-QP2010Ultra
メーカー
島津
スペック
オートインジェクタ、オートサンプラー付属

使用例

                       
  •                    

文献

  • GC/MSデータベースを用いた鉱物油の油種判別方法の検討
  • 微極性カラムを用いた鉱物油および動植物油脂のGC/MS定性分析