概要

GPCはカラム中の充填剤により、サンプルの大きさ毎に分離していき、検出器を通過した際に得られたパラメーターを元に測定原理式から分子量、サイズの値を算出します。

型  番
Prominence/HeleosⅡ
メーカー
島津製作所/wyatt Technology

使用例

                       
  •                    

文献

  • Oligo-DNA Stoichiometrically Binds β-1,3-Glucan with the Best Fit LengthK Sumiya, T Matsunaga, M Tanaka, S Mochizuki, K Sakurai
    Biomacromolecules 21 (12), 4823-4834

仕様

GPC本体
ポンプ流量 適正範囲 0.5~1.0 mL/min(Max 10 mL/min)
カラムオーブン温度 25~40℃ (Max 85℃)
使用温度 20~30℃
サンプル注入量 水系;1~2000 µL
有機溶媒系: 1~100 µL
測定可能pH 3~10
測定可能UV範囲 190~700 nm(D2ランプ)
メーカー 島津製作所
光散乱検出器(HeleosⅡ)
検出器数 18角度
測定分子量範囲 200~100MDa(直鎖高分子)
測定回転半径範囲 10~500 nm
測定オプション 粘度計(Viscostar)
メーカー wyatt Technology(日本代理店 昭光サイエンス)