概要

FFFは測定サンプルをChannelに通過させてサイズ分画を行う。Channel内部で下向きの水流(Cross flow)を発生させると、通過中のサンプルはサイズ毎に中央~壁側(Membrane)に移動し、サイズ・分子量の異なるものを分画が可能となる。

型  番
AF4/DualTec/HeleosⅡ
メーカー
Agilent Trecnology/wyatt Technology

使用例

                       
  •                    

文献

  • Discovery of Monodisperse Micelles with Discrete Aggregation NumbersS Fujii, JH Lee, K Sakurai
    Molecular Assemblies: Characterization and Applications, 1-13

仕様

LC部(AF4/DualTec)
ポンプ流量適正範囲 0.5~1.0 mL/min(Max 5 mL/min)
カラムオーブン温度 25~40℃(Max 85℃)
サンプル注入量 水系:1~100 µL
有機溶媒系:1~100 µL
測定可能pH 3~10
測定可能UV範囲 190~700 nm(D2ランプ)
メーカー Agilent Trecnology
光散乱検出器(HeleosⅡ)
検出器数 18角度
測定分子量範囲 200~100MDa(直鎖高分子)
測定回転半径範囲 10~500 nm
測定オプション Wyatt QELS (DLS)
メーカー wyatt Technology(日本代理店 昭光サイエンス)