概要

AUCには沈降速度法と沈降平衡法の2つがあり、沈降速度法からは分子の形状、均一性・分子の凝集の状態が優位に測定でき、沈降平衡法では分子の粒子径・分子量、分子の分散性の評価が可能です。

型  番
ProteomeLab
メーカー
ベックマン・コールター

使用例

                       
  •                    

文献

  • Overcoming the Necessity of a Lateral Aggregation in the Formation of Supramolecular Polymer Bottlebrushes in WaterT Klein, HF Ulrich, FV Gruschwitz, MT Kuchenbrod, R Takahashi, ...
    Macromolecular Rapid Communications, 2000585

仕様

吸収光学計(Abs)
最高回転数 60000 rpm
設定温度 0~40℃
測定可能濃度 25ug/mL~5mg/mL(干渉光学系)
5ug/mL~2mg/mL(吸収光学計)
サンプル注入量 90uL(干渉光学系)
400uL(吸収光学計)
測定可能UV範囲 190~800 nm
測定分子量範囲 100~1,000,000 Da
メーカー ベックマン・コールター